teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


何が公式?

 投稿者:ばっかじゃないの  投稿日:2014年 4月 5日(土)21時47分47秒
返信・引用
  公式掲示板という文言に誘導されたが、うそ文句で誘導しておいて、このページはないわ。

手段を選ばないというかさぁ、こんな人を騙すようなやり口しておいて、
正当さを訴える権利があると思ってるの?ばっかじゃないの?
 
 

埼玉県警 金山泰介 本部長 が極右政党 維新・橋下氏に献金

 投稿者:埼玉県警 金山泰介 本部長 が極右政党 維新・橋  投稿日:2014年 3月 7日(金)21時04分29秒
返信・引用
  記事1) 埼玉県警 金山泰介 本部長 が極右政党 維新・橋下氏に献金

<政治資金>埼玉県警本部長が橋下氏側に献金…独法へ出向中

毎日新聞 11月30日(土)7時5分配信


警察庁キャリアの金山泰介(かなやま・たいすけ)埼玉県警本部長が、経済産業省所管の独立行政法人に出向中、橋下徹大阪市長の資金管理団体に7万円を献金していたことが、2012年分の政治資金収支報告書で分かった。金山氏は取材に「当時は公務員でなかったが、軽率だった」と答えた。法律違反ではないが、警察庁は出向中であっても政治的中立性が求められるとの立場で、不適切な献金とみて経緯を調べる。
 橋下氏の資金管理団体「大都市制度研究会」(大阪市)の収支報告書によると、献金は同年5月15日付。10年8月~12年6月、独法「中小企業基盤整備機構」業務統括役を務めていた。橋下氏側に献金した理由について、金山氏は「知人に頼まれた」と説明した。【村上尊一】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131130-00000006-mai-soci

------------------------------

記事2)  対談: 仙波敏郎氏(元愛媛県警巡査部長) 岩上安身氏(フリージャーナリスト)

愛媛県警の裏金を内部告発した仙波敏郎さん 1~ 13
http://www.youtube.com/watch?v=4VqhLhDaY_8
http://www.youtube.com/watch?v=tLRad9GzRKQ
http://www.youtube.com/watch?v=iH__VZcrfnQ
http://www.youtube.com/watch?v=-pTwx9RdCSg
http://www.youtube.com/watch?v=EhRV2eqwiVo]
http://www.youtube.com/watch?v=Tf5ZNiruFxA
http://www.youtube.com/watch?v=XILnF0KNCSs
http://www.youtube.com/watch?v=wSbGp4Ak8CM
http://www.youtube.com/watch?v=pSbQ5bj5Rs0
http://www.youtube.com/watch?v=PtOWtyjyyg0
http://www.youtube.com/watch?v=PwOgDp9fcg8
http://www.youtube.com/watch?v=0JmiEq2lgYc
http://www.youtube.com/watch?v=ysKe5T7HzaM


まったく信じがたいことですが、全国の警察では組織をあげて税金を横領しています。その金額は年間100億円規模とも考えられます。これが放置されてきたのは、27万人の警察官の多くが、実際に領収書を偽造して巨額の裏金をつくっているにもかかわらず、全員が口をつぐんできたからです。なんと大多数の警察官は犯罪者なのです。
愛媛県警の仙波敏郎巡査部長は、現職警察官としてただひとり、警察内部で行われている領収書偽造によるウラ金づくりを告発しました。彼は公務員の告発義務に従っただけです。その結果、優秀な警官でありながら、懲罰的な配転を受けました。これに対して彼は、裏金の実在を証明するために国家賠償訴訟を提訴。平成19年9月に一審で勝訴、組織ぐるみの裏金づくりの事実や、仙波さんの左遷に県警本部長が絡んだことを認定させました。しかし県側は控訴し、20年9月に高松高裁で敗訴。翌10月に最高裁への上告を断念して、仙波さんの勝利が確定しました。とは言え警察庁ならびに全国の警察は、未だに裏金の存在を認めていません。
このような大規模な不正が罷り通る構造はどうなっているのか、警察組織の体質はどうなっているのか、「正義の人」に伺ってみました。仙波敏郎さんを支える会世話人の東玲治氏にもご同席いただきました。

引用元
http://ww7.enjoy.ne.jp/~j.depp.seven/
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E4%BB%99%E6%B3%A2%E6%95%8F%E9%83%8E
http://www.nin-r.com/intr/semba/righteousone/01.html
http://www.nin-r.com/intr/semba/index.html


------------------------------------------



<転び公妨 マニュアル>


警視庁公安部公安二課長「 栢木國廣 (かやき・くにひろ) 」

この人物は、今年の2月に警視庁公安部 公安2課長(警視)になっていますが、それ以前は東京都台東区の下谷警察署長でした。



10/26 渋谷署警察官との事前打ち合わせ@ハチ公前  http://www.youtube.com/watch?v=VukCiIa0BDc
10/26 渋谷、逮捕前に打ち合わせするデカ       http://www.youtube.com/watch?v=Rc0Z0Yvde8E
10/26 麻生邸宅見学に向かおうとしたら逮捕      http://www.youtube.com/watch?v=3Uw701vV15U

http://asoudetekoiq.blog8.fc2.com/ より引用
----------------------------
金山泰介  著書 本 「 警察の倫理 」「 社会安全政策論概説 」→ 極右政党・維新 橋下氏に献金
辞職 異動 献金 埼玉県警  埼玉県警察   公安第一課  公安第二課 公安第三課
総務部 警務部 生活安全部 地域部 刑事部 交通部 警備部
総務課 警務課 生活安全企画課 地域課 刑事総務課 交通企画課
文書課 監察官室 少年課 通信指令課 捜査第一課 交通指導課
広報課 教養課 少年捜査課 自動車警ら隊 捜査第二課 交通捜査課
情報管理課 厚生課 生活環境第一課 鉄道警察隊 捜査第三課 交通規制課 警備課
留置管理課 生活環境第二課 鑑識課 交通機動隊 災害対策課
サイバー犯罪 科学捜査研究所 高速道路 外事課
対策課 機動捜査隊 交通警察隊 機動隊
子ども 女性 財務局 安全対策隊 組織犯罪対策局 運転免許本部
会計課 組織犯罪対策課 運転免許課
施設課 捜査第四課 運転管理課 装備課 薬物銃器対策課 運転免許試験課 国際捜査課

埼玉県警本部長が橋下氏に献金 独法出向中に…「軽率だった」2013.11.30 19:45 msn産経ニュース [政治資金・献金・資産]

http://ameblo.jp/ayakassaw/

 

どうなのかな。

 投稿者:通りすがり  投稿日:2014年 1月26日(日)15時07分53秒
返信・引用
  こんな掲示板で晒して。ひどい話だな。

いじめじゃないか。

ひどいよ。

ヒトを呪わば穴ふたつ、、だな。卑劣。

 

前科者にも人権はある。岩崎茂雄の叫び。

 投稿者:事情通  投稿日:2014年 1月 7日(火)07時46分45秒
返信・引用
                様

拝啓 時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。
平素は弊社サービスに対し、格別ご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

さて、この度お客様が発信した下記の情報の流通により権利が侵害されたとの
侵害情報ならびに送信防止措置を講じるよう申し出を受けましたので、
特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(平成13年法律第137号)第3条第2項第2号に基づき、
送信防止措置を講じることに同意されるかをご照会申し上げます。

つきましては、ご多忙中誠に恐れ入りますが、
以下回答フォームの回答内容のいずれかに○をつけ、回答の理由をご記入いただき本メールが到達した日より7日以内に、JUGEMお問合せフォームよりご返信くださいますようお願い申し上げます。

本メールが到達した日より7日を経過してもお客様から送信防止措置を講じることに同意しない旨の申し出がない場合、弊社は送信防止措置として、下記情報を削除させていただく場合がございます。

また、別途弊社サービス規約に基づく措置を
とらせていただく場合もございますのでご了承ください。

本件に起因して申出者より弊社に対して損害賠償請求がなされた場合等、弊社がその対応に相応の費用を要した場合には、後日、お客様に対して、弊社の対応に要した費用のご負担をお願いさせていただくことがございます。
誠に恐れ入りますが、併せてご了承いただきますようお願い申し上げます。

なお、お客様が自主的に下記の情報を削除するなど送信防止措置を講じていただくことについては差し支えございません。
                                            敬具

記----------------------------------------------------------------
【情報が掲載されている場所】


【掲載されている情報】
申出者は、以下の通り主張しています。
「逮捕された事について記載」

【侵害されたとする権利】
申出者は、以下の通り主張しています。
「名誉毀損、不法行為」

【権利が侵害されたとする理由】
申出者は、以下の通り主張しています。
「依頼人は懲戒免職処分を受けていることから、現在は公務員ではなく、一私人にすぎません。たとえ逮捕が事実であるとしても、それを公開し続けることは、現在一私人に過ぎない依頼人の私生活上の事実を正当な理由なく公開するものということができます。
記事等の掲載が違法であるとすれば、依頼人に対し、民事上は民法709条の不法行為が成立し、また、逮捕が事実であるとしても、これらの文言は依頼人の依頼人の社会的評価を低下させるものであるといえますので、刑事上は刑法230条の名誉毀損罪が成立する可能性もあります。
最高裁判所の判決においても、犯罪者の前科報道について、社会復帰状況を具体的に認定したうえで、前科公表の利益と更生の利益を個別事件ごとに衡量し、前者が優越しない限りプライバシー権侵害として違法だとしており、事件から一定期間を経過した報道・公表についてはプライバシー侵害が成立するとしています
(ノンフィクション『逆転』事件判決 最高裁判所平成6年2月8日判決)。
記事等は、依頼人の前科についての記載ではありませんが、刑事手続きである逮捕、あるいは制裁としての懲戒処分であり、上記
判決と同様に考えることができるのではないかと考えられます。」

なお、記載されていた内容及び逮捕は事実であり、当時、岐阜県の司法修習生だったため、被告は、岐阜県の簡易裁判所で、罰金刑を受けたとされている。また、逮捕の理由となったのは、一度はストリーキングを行なったとするもので、さらに一度は、路上で性行為に及んだものとされる。

http://て

 

悪意のある掲示板の存在について

 投稿者:通りすがり  投稿日:2014年 1月 3日(金)21時29分16秒
返信・引用
  この掲示板の主催者により、都合悪い表現は編集されているのだろうが、

陰口のような虚実、拡張された内容を、
週刊誌のように部分切り取って、一方的に晒すことに
卑劣な意図を感じざるを得ません。

見ている者からすれば、
このような粘着質な掲示板を立ち上げ、
好き勝手に相手をいじめて楽しんでいること自体、
不快感が生じてしまいます。

当事者が訴えているならまだしも、
第三者が他者を利用して、
自分の趣向を満たしているのは、気味悪く
逆効果ではないでしょうか。。

何かの復讐か、攻撃、執着なのでしょうが、
悪意が透けすぎて気分を害します。

同一の者からの同じ論点内容のコピペばかり。

このような事を書くと、
わたしの身に危害があったりするのでしょうか。

記載者の病的な怖さを感じもします。

だから逆効果。

多分、都合が悪い記載は削除されてしまうでしょうが。。
 

受験の神様

 投稿者:勝夫命!  投稿日:2013年 9月28日(土)10時00分32秒
返信・引用
  弁護士、会計士補と難関資格を保有するLEC東京リーガルマインド会長・反町勝夫は、約35年前にそのノウハウを事業にしようとLECを創立。 これまで、法曹、公認会計士、司法書士、弁理士、行政書士、社会保険労務士などの法律・会計専門職はじめ、公務員を数多く輩出してきました。 IT化、デジタル化および生活スタイルの多様化と、時代の変化にも即応し、DS、MACコース、スマホ講座、と教材の開発に先進的に取り組んでいます。

しかし、モチベーション維持や勉強スケジュールの組み方と、昔から変わらない、いわゆる「勉強術」というものがあるのです。 40年にもおよぶ難関資格の受験指導をしてきた反町ならではの、合格のメゾットを公開します。

来校された皆様へは、冊子「反町勝夫のスーパー勉強術~受験指導40年の生き残り勉強法176話~」(約50ページ)を無料進呈します。学生の皆さん向け、社会人の皆さん向けに内容を分けて解説します。
 

LECはブラック企業の真骨頂

 投稿者:通りすがり  投稿日:2013年 9月22日(日)17時33分7秒
返信・引用
  資格予備校もいろいろあるが、社労士講座などを開講しながら、自らが真正のブラック企業であるとされる、東京リーガルマインド。
なぜそこまでブラック企業を徹底するのか?

http://biz-journal.jp/2013/06/post_2378.html

 

平成25年 司法試験結果

 投稿者:反町ジュニア講師  投稿日:2013年 9月14日(土)10時58分24秒
返信・引用
  政府が合格者目標3000人を

撤回した後、初めての合格発表となり、

合格者人数が昨年の2102人から

どこまで減ってしまうか、に注目してました。



結果としては、微減(53人減)の

2049人の合格者となり、一安心しました。

今年は、受験者数が昨年よりも

700人近く減って、7653人であったので、

受験者数を母数とした合格率は26.8%

と昨年(25%)よりも上昇しました。



今後も2000人近くの合格者数が維持されるなら、

司法試験が極端に難しくなることは避けれそうです。



今年は、大学院別の合格者数で

慶應義塾大学がトップになりました。

中央がトップになると思っていましたが、

今年の慶應の合格率は非常に良く、

56.8%で、東大(55.2%)よりも高くなりました。



中央は決して下がったわけではなく、

合格率は昨年も今年も40%程度で変わらず、

受験生が50人程度減ってしまった

(489人→442人)ために、

合格者が20人程度減って、

昨年の202人から177人となり、

慶應・東大、さらに早稲田よりも少なくなってしまいました。



早稲田の合格率が段々と上がってきたので、

合格者人数で見た場合の順位は、

今後、慶應・東大・早稲田・中央

そして、予備試験出身者が

トップ5(校)を占めるようになるでしょう。

(今年は、京都大の方が予備よりも多いですが)



予備試験出身者は

昨年以上に高い合格率(7割以上)を

維持したので、合格者数は昨年の2倍近くとなり

120人となりました。

年齢別、職種別の傾向は昨年と全く同じで

若い人、そして、現役の学部生・法科大学院生、

修了生が合格者の大半を占めました。



このような状況を踏まえて、

予備試験というバイパスが

優秀な学生にとっての主流となり、

法科大学院制度、そして

制度趣旨の「プロセスとしての法曹養成」を

骨抜きにしてしまうのではないか、

という危惧が大きくなってきています。



例えば、東洋経済オンラインでは

9月10日付けの記事

<弁護士失墜の大元凶、ロースクール解体勧告>

の5ページ目でも

・未修者への指導が不十分で、

・社会人志願者・ロー生が急減し、

・優秀な学部生が予備試験対策を始めている

(慶應が来年4月から予備対策を学内で始める、というのは初耳でしたが)

という話が書かれています。



この記事に対する反論はまた別の機会に

書こうと思いますが、

実務家教員は一部(2割程度)で

研究型の教授が多数を占める教員構成は

これからでもよいので

改革されるべきではないか、とは思っています。

そして、その中で、LECのような資格予備校の役割も終焉を迎えることになるだろうと思っています。

http://blogs.yahoo.co.jp/sorimachi_katsuhiko

 

岩崎茂雄講師が資格予備校に専念することになった事情

 投稿者:反町雄彦  投稿日:2013年 8月21日(水)06時44分2秒
返信・引用
  岩崎茂雄さんというと、何かと有名だ。まず司法試験の講師としての顔、またLECが大学を設立した際はその教授になっていたこと、そして、司法試験に合格しながら司法修習生を辞めさせられたこと、そして、その理由。

その理由とは、泥酔して全裸になり、女性修習生を追いかけ回したこと、そして、厳重注意を受けながら、再び、路上で全裸になり、車にうつ伏せにして、バックから大胆にも交わった。どうも公然わいせつ罪で逮捕されたらしい。

中央大学法学部卒業。1979年、司法研修所で同期(第33期)の反町勝夫によるLEC創立に参加。LEC司法試験講座独自の教科書であるプロヴィデンステキストを作成。
2004年、日本初の株式会社立大学であるLEC東京リーガルマインド大学が創立されてからは同校の専任教員をも務めている。その後、教授にもなった。

以下、ネットからの引用。

岩崎茂雄が公然猥褻で司法修習所をクビになったのは本当です。

厳しい現実を知ることも勉強だと思う。 あの事件は本当。当時の名前は旧姓の小林。
新聞にも載った(ただし東京ではベタ記事)。
彼は毎年最高裁に毎年再修習の申請を出しているが、拒否されている。でも、もう20年前のことだし、受験指導によって多数の法曹を世に送り出している。
娘さんもおり、ちゃんとした家庭を築いている。
そのことを考慮して再修習を認めてあげるべきだ。
身内の奥さんの犯罪隠蔽には甘いのに、昔の過ちには
厳しいのだろうか?

2001年3月号「日本の司法」に実務研修先で破廉恥行為を働き岐阜簡裁で罰金5万円の略式命令を喰らったとの記述あり。

80年6月13日の新聞
朝日新聞
 罷免になったのが80年6月13日。事件を起こして新聞ザタになったのは もっと前。小林(岩崎)茂雄氏は33期。反町学院長、民主党参院議員の梁瀬進氏
らと同期。


LEC岩崎って?
投稿日 5月19日(水)04時42分

択一の成績が39点。ようやく諦めがついてきた今日この頃。
モチベーションを復活させるために「特捜検事の証拠と真実」という本を 読んで居るんですが、その一文に ベテラン検事がどうしても自白させられない難事件を、なんと司法修習生が 自白させたことがある。その修習生の名は岩崎雄。

彼はガンとして口を割らない被疑者に「君も僕も、橋の欄干の上を渡って落ちそうになり、僕は必死にしがみつき、何とか落ちないで済んだが、君は不幸にも欄干を踏み外し川に落ちてしまった。人間は、誰もが法という幅の細い欄干の上をサーカスみたいに綱渡りしている ようなもので、裁く方も裁かれる方も、本質的に変わりはないんだ。」と語り、被疑者を自白に導いた。

とあります。また著者は、彼は是非とも検察官になってもらいたい人物であったが、家庭の事情で弁護士になった、と書いています。

この岩崎茂雄ってもしかしてLEC専任講師の岩崎なんでしょうか?
このHPを見る限り、岩崎はおよそ人間味のない能力に乏しい講師だと思ってましたが、本書の岩崎が当人であるとすればだいぶ見方がかわってしまいそうです。

どなたかこの辺のこと知ってる方いますか?
 

東京リーガルマインド事件って何か?

 投稿者:管理人  投稿日:2013年 8月15日(木)08時36分17秒
返信・引用
  労働問題Q&A(改訂版)
労働判例

【事件名】営業禁止仮処分命令申立事件
【いわゆる事件名】東京リーガルマインド事件
【裁判所名】東京地方裁判所
【裁判年月日】平成 7年10月16日
【事件番号】平成7年(ヨ)第3587号
【判例要旨】
1.会社と代表取締役との間に締結された退任後における後者の競業禁止を定める特約が、後者が会社の営業秘密を取り扱いうる地位にあったこと、競業禁止期間が退職後2年間に限られていること等から、会社の秘密保持義務確保の目的のために必要かつ相当な限度を超えているものとは認められず、公序良俗に反するものではないとされた事例。
2.会社と監査役との間に締結された退任後における後者の競業禁止を定める特約が、監査役についてまで競業を禁止することにより会社が確保しようとする利益が何かが明らかでないこと、競業が禁止される場所の制限がないこと、競業禁止の不利益に対する代償措置が十分でないこと等の理由により、公序良俗に反し無効と認められた事例。
3.一 就業規則を変更して労働者の退職後の競業避止義務を定める条項を新たに設けたことが就業規則の不利益変更に当たるとされ、同義務が会社の重要な営業秘密の保護を目的としており、競業禁止の期間を2年に限定した上、場所について特に制約を設けなかったことなどから、代償措置をとらなくても不合理とはいえないとして有効とされた事例。
二 会社の役員との間で締結された退職後の競業避止義務を定める特約につき、監査役であった者との特約については、職務との関係で競業を禁止することの合理的理由の疎明がなく、競業禁止の場所的制限がないなど、目的達成のためにとられている競業行為禁止の内容が必要最小限とはいえず、競業禁止による不利益に対する代償措置も十分とはいえないから、公序良俗に反して無効であるが、代表取締役であった者との特約については、会社の営業秘密を取り扱い得る地位にあったといえるから、公序違反により無効とはいえないとされた事例。
三 二掲記の監査役であった者が退職後に行った競業行為につき、一の就業規則に基づく競業避止義務の適用を受けるが、同人の退職に際して、同人と会社の意思決定の権限をもつ者とが競業行為に際しては会社と協議する旨の合意を取り交わしており、同人は右協議を経て競業行為を行ったものとされた事例。
四 二掲記の役員であった者らが中心となって設立した競業会社の営業の差止請求につき、競業行為の差止請求は使用者が営業上の利益を現に侵害され、又は侵害される具体的な恐れがある場合に限り許されるところ、右競業会社の営業だけでは未だ右営業利益の侵害又は侵害の具体的な恐れがあるとは認められないとして却下された事例。
【裁判結果】却下
【出典名】労働経済判例速報1596号3頁/判例時報1556号83頁/判例タイムズ894号73頁/労働判例690号75頁
ご利用調査のアンケートを実施しております。
たくさんの方のご協力をお願いいたします。
ご利用アンケート
ご利用上の注意
「利用規約」をお読みの上、ご活用ください。
本文の内容は各執筆者個人の責任によるもので、機構としての見解を示すものではありません。
本文の内容は執筆時点のものです。その後の法改正などは反映しておりません。
最新の法令につきましては、「厚生労働省法令等データベースサービス」をご参照ください。
労働問題Q&Aは個別事案について法的なアドバイスをするものではありません。具体的なご相談は、厚生労働省「総合労働相談コーナー」など行政機関等の相談窓口にお尋ねください。





個人情報保護│サイトの使い方(ヘルプ)│リンク・著作権等について│PDFの閲覧について
 

レンタル掲示板
/2